【逃げ上手の若君】5話 「狩猟1333」のあらすじと感想【ネタバレあり】

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプで、「逃げ上手の若君」5話の「狩猟1333」を読みました。この記事では、 「逃げ上手の若君」5話 のあらすじ・感想・今後の考察をまとめました。

前回の簡単なあらすじ
主人公・北条時行は、頼重の庭である諏訪大社で、相変わらず逃げていた。
頼重から勉学するように言われるも、お飾りな自分には不要だと判断。
そんな時行に、頼重は勉学に取り組むやる気を芽生えさせることに成功した。

「逃げ上手の若君」5話のあらすじ

反乱に成功した「足利高氏」は首都京都へ凱旋。

帝である後醍醐天皇へと謁見していた。

「今日からは、足利尊氏と名乗るがよい」

と朝廷から名前を頂戴する。さらに、後醍醐天皇から何かやってみたい役職は無いかと問われる尊氏。

その問いに、尊氏は「私はただの武辺者、私に変わり我が郎党共は、心清く智勇秀でた者。この者達に朝廷での仕事を頂けたら」

と願い、出る。

そんな尊氏の様子に、朝廷の人たちは来る明るい未来に歓喜していた。

 

 

場面が変わり、 北条時行 は 頼重 と森に来ていた。

そこで、今後 時行 は命がけで戦う配下「郎党」を集めるという指針を打ち出す。家族や家臣を失った 時行 は一から郎党を作り直さないといけない。

まずは第一歩として、今まで共にしていた頼重の部下であり、

今後、 時行 の郎党になる、刀の使い手「孤次郎」、怪力で芸才ある「亜也子」、気が回り秘術も使える「」を紹介。彼らと今から慣れ親しんで使いこなしていくようにと、頼重は伝え去って行く。

課題を貰った 時行 は、3人からの提案で、狩りをすることに。

しかし狩りの最中、凶悪な獣に遭遇。どうする 時行 ――

「逃げ上手の若君」5話 の感想

今週話で、一番印象に残ったのは、足利尊氏の目ではないでしょうか?

化け物のような、気味の悪い目――

ここが衝撃であり、尊氏の笑顔の裏に隠された得体のしれない雰囲気を、うまく表現しているなぁと思いました。

それから 時行 一行の今後の目標も見えてきましたね。仲間を集め強調していくことが、尊氏を倒す第一歩になると、頼重から示唆されていましたね!

「孤次郎」、「亜也子」、「雫」は現在、なんとなく時行の仲間となっていますが、今回この3人のキャラが、より一層フォーカスされていて、特徴も掴むことができました!

私は 亜也子 が今のところ好きですね~ 時行と同い年なのに、時行よりも背が高く怪力で、脳筋という(笑)

「逃げ上手の若君」5話の考察

飢えて人の肉の味を覚えた巨大な猪との戦闘シーンが、おそらく次回の展開になりそうです!

孤次郎」、「亜也子」、「雫」 の特性をうまく、時行が活かしつつ、どうやってこの猪を退治していくのか楽しみですね!

手軽にジャンプ作品を読む方法

「漫画名」が連載している週刊少年ジャンプを電子で読むためには、『ジャンプ+』がおススメです!

ジャンプ+でジャンプ本誌を買う利点は以下が上げられます!

  • 電子なので毎週買ってもかさばらない
  • 買いに行く手間が無い
  • 0時を回ったらすぐにスマホで読める

 

その他にも、ジャンプ本誌に載っていない『ジャンプ+』だけにしか載っていない漫画も無料で読むことができます!

まだジャンプ+を使っていない方は、これを機会に使うことをおススメします!

かくいう私も、最近までは紙でジャンプ本誌を買っていましたが、今は『ジャンプ+』で買っています。

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

© 2021 toma's Blog