【書評・感想】未来社会の幸福な人生、生き方とは?『10年後の仕事図鑑』

本を読んで、気になったこと、興味持ったことをまとめるコーナーーー!!!

今回、未来社会の幸福な人生について話していきます。

皆さまは、日本がどういった未来になると予想しますか?

AIやロボットによって発展した未来では、自分がどういう生き方、働き方をしていると思いますか?

テクノロジーの進化は、我々の予想を遥かに超える成長を見せるので、今から予想しても仕方ないかと思いますが。

けれど、未来の世界でも、幸福な人生を歩みたいですよね?

そのための考え方をご紹介!

自分の価値づくり

他人と違うことをやり、自分自身にしかない価値を作ること。それはコンピュータには到達できないも価値となります。例えば人の心に突き刺さる文章が書けるスキルなどですね。機械的で事務的なこと、誰にでもできるようなことは、これからの未来では必要なくなります

AIによって誰にでもできることが代替されていくと考えると、自分を他人と差別化できるようになる必要がありませんか?

差別化できないと、自分のやること全て、他人=AIにでもできることなんですから。

だから、自分にしかできない価値を作る必要があるのです!

ではどうやって価値を作るのか?

価値のつくり方

目指すべきは、「遊び」「仕事」「学ぶ」が三位一体となっている状態です。興味があること、熱心に取り組めること、無心になれること。それらを追求し、そのなかで他人との差別化を行えば、それが仕事になります。さらに追及するものが、人に喜ばれるようなものなら、なお良しですね。

だから、やりたくもない仕事をしている内は、自分に価値を作れないということです。面白くもない仕事をしない方が良いです。すぐに仕事を変えられなければ、副業でもして自分が面白いと思える仕事をコツコツとやっていくしかありませんね。(自分の場合はライター業務)

けれど最初の一歩を踏み出すのに時間がかかります。

「10年後の仕事図鑑」をAmazonで見る

「成功するかな?失敗するかな?」「大変かな?」「止めておこうかな?」

そんなことを考えていては、いつまでたっても実行に移せません。すぐに実行しましょう。成功するかどうかなんて、やってみないと分かりません。

たとえ失敗したとしても、「今のうちに失敗しておいて良かった。これも経験だ」とポジティブに考えましょう。

何回失敗しても、最終的に成功すればいいのです

最後の成功のための投資だと考えましょうよ!

自分はこれから社会人となる身。

大手企業での仕事に満足するのではなく、

「価値のある仕事を生み出す」方を目指していきます。

参考資料

© 2021 toma's Blog