【ネタバレ感想】ランウェイで笑って21巻のレビュー【次が最終巻?!】

どうも、とーま(@toma_blog10)です!

この記事では、「ランウェイで笑って」21巻の、私なりのレビュー内容を、のせています

 

 

あらすじ

2日間にわたって開催されるAphro I dite主催の合同展示会。売り上げトップを目指す育人だが、1日目の順位ではまだ足りない…。共に戦う美依は“novice”の善戦に満足するも、育人の目標に照準を合わせ、さらなる施策を決意する! 一方、Aphro I diteを喰うつもりでいた遠は、育人の成長に触発されて…!? 思わぬ来場者による急展開の末、実力者同士の競合を制したのは──?

 

 

 

本記事では「ランウェイで笑って」21巻のネタバレを含みますのでご注意を

 

 

すでに「ランウェイで笑って」21巻買ったよー

というかたは、ぜひ最後まで見ていってください!

 

▼あわせて読みたい

【2021年版】努力したくなる・元気になれる漫画ランキング4選

こんにちは、とーまです( @toma_blog10 )です!   さっそくですが、今回の記事では、 努力したくなる・元気になれる漫画漫画ランキングをご紹介していきます!   世の中 ...

続きを見る

 

【ネタバレ感想】ランウェイで笑って21巻のレビュー【次が最終巻?!】

 

 

「ランウェイで笑って」21巻の作品紹介

作者 猪ノ谷 言葉
連載 週刊少年マガジン
出版社 講談社
出版年 2021/5/17

>> 口コミをAmazonで確認する

 

「ランウェイで笑って」21巻のレビュー

レビューの題材は、以下のとおり

ポイント

千雪の危機

育人の決意

今巻では、全体的に終わりに進むための最後の壁に、どう立ち向かうか。という雰囲気を感じました

千雪と父・研二の願いが込められた、事務所ミルネージュが、シャルロットのせいでなくなってしまう・・・

 

正確には、ビヨンドという事務所になり、形的には事務所をまたやれることになるが、2人にとって、ミルネージュだからこそ頑張っていたという思いがあるので、なかなか受け入れられない提案ですよね

けれど、千雪の夢が、パリコレであると再認識した研二は、ミルネージュを畳み、千雪の夢を後押しすることに徹する覚悟を見せました

ミルネージュがなくなることが、こんなにショックだとは思わなかったと、涙する千雪・・・

 

ミルネージュは千雪にとって、家族そのものだと思います

家族が、なくなってしまうのは、辛いこと

千雪の心情は、悲しいものでしょう

ミルネージュをなくさないと、父親が倒れてしまう危険があんですから・・・苦渋の決断です

 

 

そして育人は、千雪たちの事情や思いを知り、

ファッションウィークで、ある大きな賭けに出ます

成功すれば、自身のブランドの「EGAO」が飛躍し、さらに千雪にも笑顔が戻る

けれど、リスクがたくさんあります

これが、「ランウェイで笑って」という漫画での、最後の大きな壁になるでしょう

これを乗り越えた先に、育人の、千雪の夢が待っています

 

がんばれ、2人とも!!!

 

スポンサーリンク

 

「ランウェイで笑って」21巻 を無料で読むならこれ!

本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXT

✔映画、アニメ、漫画、書籍もU-NEXT 1つでOK
✔見放題作品数NO.1
✔マンガの購⼊は最⼤40%ポイント還元
✔毎月貰える1,200円分のポイント

  • 動画と漫画を同時に楽しめます。
  • 登録すると貰えるポイントでマンガ1巻を無料で読めます

U-NEXTの無料登録はこちら>>

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば料金は発生しません

 

まとめ:【ネタバレ感想】ランウェイで笑って21巻のレビュー【次が最終巻?!】

いかがでしたか?

本記事では、「ランウェイで笑って」21巻について紹介しました!

いやーなんと、次が最終巻

寂しい・・・けど最後、どうなるか、気になりますので、楽しみに最終巻を待ちたいと思います!

 

では、また!!!

 

 

 

\ おすすめ電子書籍サービス /

 

 

ebookjapan

✔登録無料な国内最大級の電子書籍サービス
✔人気漫画・名作漫画に強い
2,000作品以上の漫画を1冊 or 全巻まるごと無料で読める
✔お得なクーポンやセール、業界最大のキャンペーンもある

ebookjapan は無料試し読みが充実で、ほとんどの作品で数ページの試し読みが可能で、
気になった作品を試し読みしてから購入ができます!

また、PayPay、Yahoo、ソフトバンクユーザーへの恩恵が大きいのも特徴です。

 

 

まんが王国

 

 

BookLive

 

 

 

ブログ村に登録しています。以下のリンクをクリックしていただけると泣いて喜びます。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

 

© 2021 toma's Blog