アフィリエイトで稼ぐコツや文章術とは?【書評記事】

アフィリエイトで稼ぎたいけど、どうしたら良いのか分からないな

という人いませんか?

本書はアフィリエイトの稼ぎが伸びるためには、読者に読まれ、読者に伝わり、読者が買ってくれるような文章のテクニックを教えてくれる一冊です。

アフィリエイトで稼ぐために、ブログを開設したけど、いっこうに稼げる気配が無いなと悩んでいる人は多いです。

しかしこれは仕方のないこと。

なぜならGoogleに評価されるのは、ブログに記事を投稿してから三か月~半年後になるからです。

とはいっても、今すぐ稼ぎたい!

そう思う人は多いです。

そんな人のために、売れるためのアフィリエイト記事のつくり方、そして稼ぐための文章術を知ることができるのが本書です。

本書のテクニックを用いると、記事の質は確実に良くなり、さらに言うと、確実にアフィリエイトで収益が発生するようになります。

本書では「あぁーすると売れない」「こうすると売れる」など実際に成功した筆者の経験や体験談に基づいているので信憑性が高い内容となっています。本書を読み、自分のブログにそのテクニックを落とし込むだけで、アフィリエイトで収益は簡単に発生させることができます!

でも私、そもそも文章力ないんだよな・・・

という方。

心配しないでください。

必要なのは良い文章をかく技術ではなく、簡単な法則にのっとり文章を書いていくことだけです。

良い文章書くための文章術ではなく、売れるための文章を書くための文章術を、本書で学ぶことができます。

売れる仕組みを理解し、読者に商品を買ってもらえるための文章を書きましょう!

今回の書評記事では、大雑把な内容を要約したものです。各項目に対する深い内容を知りたい方は、下のリンクから本書の購入をおススメします!

アフィリエイトで稼ぐことができる方法とは?

記事を書く時は、まず初めに小見出しごとに何を書きたいのかざっくり決め、記事を肉付けしていく。小見出しの内容は、「事実→その事実が起こる理由→その事実にたいする体験談や感想」に基づいて書く。この体験談や感想が一番重要になります。

ターゲットを決めることで、「その人は何を知りたいのだろう?」とある程度の検索意図が分かります。その検索意図に沿うように、読者が知りたい情報を書くようにしましょう。

ターゲットである読者の購買意欲は低いが検索ボリュームが多い記事を集客記事と言い、ライバルが少ないのでアクセス数を集めやすい記事です。

ターゲットである読者の購買意欲が高く、検索ボリュームが少ない記事をレビュー記事と言い、アフィリエイトリンクを貼れば売れる可能性が高いのですが、ライバルが多い記事になります。

基本的に、初心者はレビュー記事だけで勝負するのではなく、集客記事で人を集め、アドセンスで稼ぐか、内部リンクでレビュー記事に誘導するという方法が良いです。

集客記事とレビュー記事は書き方を変える必要があります。

レビュー記事を書く時、メリットばかりを書くと読者が不審に思う。だからデメリットも盛り込む。書く順番として、デメリット→メリットの順番に書きます。なぜなら人間は後に書かれた文章に、強い印象を抱くからです。

「~~だと思います」とは書かず、断言する形でハッキリと書く。

読者に、記事のどこが重要なのか伝えるために、表現を変えて何度も繰り返して書く必要がある。

自分が商品Aの方が良いと感じたのなら、それを素直に、自己主張を恐れずにはっきりと書く必要がある。

たとえ話を入れると、記事にオリジナリティ―が出り、楽しいブログになる。「ドラゴンボールでいうと、仙豆を食べてリフレッシュ」のように。こうすることで、読者がすぐにページを閉じる可能性がなくなります

記事を100点の完成度で、作るのではなく、最初は70点でいいからアップする癖をつける。なぜなら100点の記事の完成には時間がかかりますし、加筆修正するとGoogleは評価してくれるからです。

ブログにおいて、完璧主義の人は稼げない。

自宅に帰ってからじゃないと記事を書けないという先入観を捨て、スキマ時間にスマホで記事を書き進めるなどして、時間を作る。

記事を70点の完成度で公開したら、スマホやパソコンでチェックする作業を行う。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

自分のブログを稼げるブログにするために、やるべき課題は見つかりましたか?

今回の書評記事では、大雑把な内容を要約したものです。各項目に対する深い内容を知りたい方は、下のリンクから本書の購入をおススメします!

© 2021 toma's Blog