【書評】「Amazonのすごい問題解決」《要約と感想&レビュー》

「Amazonのすごい問題解決」はどういう本?

現代の日本企業内で良く見られる様々な問題に対し、Amazonの考え方や、働き方、制度を参考にした問題解決の道筋が示されています。

また、日本企業とAmazonの比較により、Amazonがこういう考えや制度を徹底しているから、世界トップ企業になれているのだ、と理解することができました。

実際にAmazon日本支部で働いていた筆者の経験で書かれている本なので、説得力があり信憑性が高い情報です。

Amazonのすごい問題解決

部下や企業の成長のために何をすべきか悩んでいる方など、特に中間管理職の人にお勧めです。

しかし、私のような若い人でも参考になる部分は多々あります。

例えば、上司との接し方。自分の仕事への取組み方。自分がやるべき仕事の明確化など、新入社員がどういう意識をもって企業で働くと良いのか、その答えが記されています。

この本は具体的な解決案が示されているので、明日にでもすぐに実行できる要素がたくさんありました。

この本を読むと、圧倒的ポジティブな気持ちになれます!企業で生きていく術を学ぶことができました。

概要紹介

Amazonは徹底的に「問題解決思考」ができているから、長年にわたり成長を続けられています。

この問題解決が、企業にとっては大切で、その場しのぎの問題解決をしてしまうと、その瞬間に、事業が回らなくなります。

本質的な「問題解決」が企業にとって何のメリットがあると思いますか?

それは「得た知見を売ることができる」点です。

どういうことかと言いますと。

Amazonは「AmazonGo」は世界初のレジ無しのAIコンビニとして有名ですが、AmazonはAmazonGoによって売ろうとしているのは、コンビニ内の商品ではありません。

AmazonGoという一つの革新的なプラットフォームを売ろうとしています。AmazonGoには近未来的なシステムが詰まっています。このシステムは人手不足の解決、万引き防止、さらには客の購買行動の解析による商品の売り上げ向上などに結び付きます。これらのシステムを有用性を見せることで、「是非提供してください」という声を募るのです。

つまりAmazonは「自前で設備や体制を整え、それをプラットフォームにして売る」ことを基本思想としてビジネスを成長させてきました。

皆さまは、「問題解決」と聞いて、マイナスの状態からゼロに戻す、手間がかかるが何も変わらないというネガティブな印象はありませんか?

しかし、「問題解決」のレベルをもっと高いものへしなくてはいけません。

「マイナスの状態から一気にプラスへ転化」すべきなのです。

本質的な問題解決をすることで、様々な方面から「やり方や仕組みを是非提供してください」という声が必ずあがります。

つまり、「自社の問題解決で得た知見が新商品になる可能性があるわけです」

Amazon流のやり方や考え方を参考にして、前向きな問題解決にとりくんでみましょう!

これから、Amazonにとって大切な考え方を、いくつかご説明していきます。

ポイント紹介

Amazonでは、ありとあらゆる職務において「責任範囲」が明確化されています。自分の責任を全うしようとする社員一人一人が成長しているからこそ、企業が成長しています。

  • この責任範囲があやふやで、「とにかく何でもやれ!」精神じゃないので、目の前の仕事に対して、自分はどこまでの責任があるのか。だったらどうすればうまくいくのか、社員一人一人が考えて行動するからこそ、社員が育ち、企業も成長していくんですね。

「人を育てられない」という問題では、上司の「部下を育てよう」とする姿勢にうまくいかない原因があるような気がします。そうではなく、「部下が育つ環境を作る。そうすれば部下は育っていく」と考えたほうがうまくいくのではないでしょうか

  • Amazon内で、いわゆる上司と呼ばれる人たちは、一貫して部下の成長のサポートを任務としています。日本の企業でこの考え方ができている人はどれくらいいるでしょうか? 皆、部下の成長ではなく自分の利益になることを追い求めている気がしますよね。

仕事の担当だけ決められて、あとは終わるまで頑張らされるという仕事のやり方をさせられている人も多いのではないでしょうか? この状況を打破するためには、「目標を数値化する」ことを始めると良いです。

  • 会社全体の目標を基に自分の部署の数値目標を仮設定。その目標を達成したら、評価をもらい仕事を終了させたいと事前に交渉。数値目標を達成し、帰宅。終わらない場合は、リソース(人、金、物)不足であると伝え、どれくらいのリソースがあれば達成できるかプレゼンというプロセスを踏み、自分の部下を守りましょう。
  • 夜遅くまで会社に残り仕事をする姿を、良く「あいつ頑張ってるな」と評価されてきたと思います。しかしこの人は、やりたくて夜遅くまで仕事をしているわけじゃないですよね。人手が足りないから残業しているわけです。部下に無茶な残業させないためにも上司はしっかりと、リソースを調達する必要があります。

3時間会議して結局何も決まらないような、不毛な会議を延々と続けたら、利益が出せるはずがない。Amazonは「お客様のためにならない」からこのような不毛な会議は絶対にしません。Amazonでは「今和たちが行っている会議にお客様は喜んでお金を払いたいと思ってくれるだろうか?」と意識しながら会議を行っています。

  • このことは、会議だけじゃなく企業全体に言えることですよね。今の仕事内容をお客様が見て満足するのか?お金を払いたいと思うだろうか?」この考えを徹底すれば、無駄な仕事は減少し、有意義な仕事になるはずです。

この本で一番伝えたい事はここだと思いました。Amazonは全てにおいて、この「お客様のためになるのか?」という意識が浸透しています。

だから、お客様に求められているサービスを展開し、お客様の需要に答えていくことで、Amazonは世界トップの企業に成長できたのです!

一言まとめ

Amazonの一番の強みは、徹底的な「お客様視点」

書籍情報

書籍名:アマゾンのすごい問題解決

著者:佐藤将之

出版社:宝島社

おススメ度 ★★★★☆

ページ数:207

目次

  • 責任範囲は明確になっていますか?
  • 数値目標を設定していますか?
  • 理念や目的は明らかになっていますか?
  • 教育体系は存在していますか?
  • 顧客満足度の向上を徹底していますか?
  • 評価制度は整っていますか?
  • 変化の覚悟はできていますか?
  • 仕組み化を考えていますか?
  • 新しい時代への適応は進めていますか?

© 2021 toma's Blog