【書評・感想】彼女を作るためには告白はダメ?

【彼女を作りたければ『告白』は絶対にするな】

どうも、とーま(@nc7bddaed7jt5at)です!

今回紹介する一冊はこちら!

『彼女を作りたければ『告白』は絶対にするなっ!』

本の概要

本書は、情報が曖昧な、恋愛観や理論を持つ私たちは、メディアによって作られたモノであり、あなたが特別他の人とは異なる意識、異なる機会、異なる手段によって情報を掴みにいかない限りは、それっぽい恋愛理論に翻弄され続けることになり、万年『都合の良い男性』の称号を得たまま、あなたの一生は幕を閉じるのです。  そんな絵に描いたような負け組人生にならない為にも、まずは今あなたの持っている“それっぽい恋愛観・恋愛理論”を見直し、本当に知るべき恋愛の本質とは何か?に目を向けてみてはどうでしょうか?

彼女をどうやって作っていくのか、その最適解を本書では紹介しています。

さっそく、書評していきます!!!

 

  1. 1章:告白乱用防止「ダメ。絶対」
  2. 2章:告白しない壮大なメリット
  3. 3章:成功率の高い『告白無しで女性を口説く方法』
  4. 4章:刮目せよ。これが正しい告白の仕方だ!

今回は、このなかで、1章を中心にまとめていきます!

以下では、書評・感想を書いていきます!!!

告白をしてはいけない理由

本記事では、

むやみやたらに告白すべきではない

告白なしでアプローチする方法をご紹介します。

まず、普通の人だと、告白と聞き、恋人になるためになくてはならない方法だと考える人もいることでしょう。しかし、告白とは、世間が思うような感動やロマン溢れる美しい類のものではなく、実際は多くの男性の可能性を潰す足枷のような行為なのだと、筆者は言います。

告白とは追う側の一方通行な求愛手段でしかありません。

一方通行なのです!自己満なのです!

いくら「お願いします!付き合ってください!」と真剣さを見せたところで、女性があなたに興味が無ければ、その告白はただのノイズとなります。

告白は恋人になるために、当たり前にしていますが、世界に目を広げれば、意外と告白をしている国は少ないです。

例えば、フランスやアメリカは、フィーリング重視の恋愛スタイルが一般的で、両者が「私達もう恋人だよね?」と雰囲気や距離感を感じ取ることで交際関係が成立するのです。

これには驚きです。

つまり、何が言いたいのかと言いますと、告白だけが恋愛のアプローチではないのです。

しかも、筆者は告白をすることの弊害が4つあると言います。

相手の感情にブレーキ

よく、告白をすると相手に好意が伝わり、好きになってもらえるのだと聞きませんか⁇

たしかに、その確率をあるでしょう! しかし絶対にそうなるのだと信じ込むこんではいけません。

告白の実際とは『相手の好意を増幅させる手段&引き出す手段』ではなく、『自分と相手の関係に白黒つける為の手段』であるからです。

この『白黒つける』という事を認識することが1番大切だと筆者は言います。

女性に「好きです!付き合ってください!」と告白をすると、女性側は今の気持ちで、付き合うのか、付き合わないのか、というYESかNOの2択で選ぶことになります。

つまり、女性に今の気持ちを問い詰めるだけの手段であるということです。

好きな気持ちを告げて相手にその気が無ければ、その時点で終了となるわけです。

さらに、1度告白に失敗してしまうと大抵の場合はリカバリーが効かなくなります。

残念ながら、女性の気持ちが「○○君のことが少し気になるな~」と手応えのある状態であったとしても、女性を説得しきれずお断りをされた場合は、その後の再チャレンジも失敗する可能性が高いということです。

一度NOを言わせてしまうと、潜在意識に『NOを言った事実』が植え付けられてしまうので、その主張に一貫性を持たせるような行動を取りやすくなってしまうんです。

付き合った場合のリスクを考えさせてしまう。

人は選択を迫られると無意識に「損をしないかどうか?」を考える習性がある為、告白のような『YES or NO』式の提案は、リスクに意識を向かせてしまい、NOを選ばせやすくしてしまうという落とし穴です。

たとえば、告白された場合、女性側は、付き合ってみて楽しくなかったらどうしよう?・付き合ってみて遊ばれたらどうしよう? など、さまざまなリスクを考えてしまいます。

例え相手に興味を持っていたとしても、少しでも不安や恐怖を持っていれば、その『リスクを嫌がる感情』が判断の中で優先されていくのです。

人は本能的に損を嫌う習性がある為、従来の告白スタイルではその習性をカバーしきれない点が否めません。

まとめ

今回は、という話を、記事をまとめました!

本記事では、好きな人と付き合うためには、告白をしてはいけないというテーマで話をしました。なぜ告白をしてはいけないのか、その理由を説明してきましたが、では実際に告白以外で、どうやって女性にアプローチして、付き合う関係になるのか? その方法は本書の続きに、事細かく記載されていますので、ぜひ本書を手に取り、確認してみてください!

という方は、ぜひ本書を手に取ってみてください!今回ご紹介できなかった内容の中にも、役に立つ情報がたくさんあります!

© 2021 toma's Blog