【感想と要点まとめ】書評の書き方:ベストセラーを作るブックレビュー

今回は「書評の書き方:ベストセラーを作るブックレビュー」という本を読んで、簡単に要点をまとめてみました!

私自身が、役に立ちそうだなと思えた部分の要約です。

私の記事を読んで、「書評の書き方:ベストセラーを作るブックレビュー」という本を読んでみたいと思った人は、ぜひご覧になってみて下さい。

書評ブログを書こうと思っているけど、なかなか書き方が分からない。そんな人はこの本で勉強することをおススメします。きっと方針が見えてくるはずです!

今は、Kindle Unlimitedに登録していれば、無料で読むことができます!

書評の書き方:ベストセラーを作るブックレビューを無料で読む

書評とは何だと思いますか?

この本で言うところの書評とは、本を読んで何を吸収したのか他人に伝える行為です。

書評として何を書くべきか

それは、読後の変化を書くことです。

ただし読者一人一人がどうなるかなど書けるはずもないので、参考として、自分がどう感じたのか書くことで、読者に「この本を読めばこんな知識がつくのか」など想像させることができます。

また、読後の変化として「これを読むと、こわくて眠れなくなる」という文も考えられます。

こういう紹介文は、感想よりも本の内容に比重がかかっています。ただ、これだけだと、自分の話にすぎません。

こわそうにストーリーを要約する必要がありますね。

さらに「とてもコワイ」だと、自分の意見になってしまいますが、読んでいるときの自分を想像させるような行動を書と良いですね。

例えば、「こわくて思わず、本を閉じてしまった。でも、気になってまた本を開き……」といった感じです。

ここがわからなかったと書くのも立派な情報

「つまらない」といった感想の多くは、その本について理解していないことに原因があります。

書評の読者はそれを見て、「自分には、むずかしそう」とか「その程度なら問題ない」など、本選びの判断材料にできます。

書評やレビューはホメ芸

褒めるといっても、わざとらしく褒めるのではなく、要約やその本の解説といった形で、未来の読者の役立つことを書きます。

内容紹介をちゃんとしていれば必ず読者の役に立ちます。

内容紹介なら誰でもできると思うかもしれません。

しかし、本の中身から、どういう要素をピックアップするかは、書く人のセンスに関係しますよね。

そういう意味では、内容紹介は誰にでもできないものです。

役に立つなら、部分否定は入れてもいい。

基本的に書評は褒める内容であるべきです。ネガティブで本を否定する言葉は書評ではありません。

しかし、商品上の欠陥や商品説明の不備などがあり、注意を喚起した方がいいこともあります。それは書いた方がいいです。

書評の構成

最初にトピックを語り、必要に応じて引用しながら、解説や補足を加えて自分の意見を述べます。分かりやすいように起承転結で表すと

↓のようになります。

起(トピックやニュース性)

~賞をとったとか、ベストセラー1位とか。○万部突破とか。

キャッチコピー的な役割です。

承(要約引用) 

ある1つのくだりのセリフなどを引用しながら、簡単にまとめます。

そしてまとめた要約をもとに、読んでほしいと読者に勧めるのが書評です。

ただし、引用は書評全体の3分の1程度にします。

その後にくる解説のパートで言いたいことを、伝える証拠として引用を持ってくるイメージです。

要約は「これは自分に関係がある内容だ」と読者に納得してもらう役割をもちます。

後半部分は自分の言葉で、本のおススメを書きます!

転(解説補足)

自分の変化について記します。

「知らないことが知れた」

「○○についての考えを改めた」

「できなかったことができるようになった」

などですね。

ダイエット関連の書評を書いた場合、

最近お腹周りが気になっている人、何度も失敗している人など

同じ立場の人から共感を得やすいのです。

結(コメント)

誰に対して読んで欲しいか。解説パートを受けて、「だからこういう人におすすめしたい」と書きます。

コメントは「あなた向けですよ」という最後のひと押しです。

うまく使えば、自身の体験は武器になる。

作品の内容と、自身の体験をからませると、その書評は自分にしか書けない唯一無二のものとなります。

+αの情報というのは、本の中にはない有益な関連情報となります。

例えば、「この本のようなブログ記事を書いたら、実際に収益が何倍にも上がった」と書けば、読者にとって、紹介した本の信頼度は高くなります。

© 2021 toma's Blog