【青色ピンポン】ネタバレありの評価~感動の卓球物語~【無料試し読み方法の紹介】

みなさま、ごきげんよう!

とーま
です

今回紹介する漫画は、

青色ピンポン」です!

青色ピンポンのあらすじを簡単にまとめますと、

徐々に記憶を忘れてしまう病にかかった高校2年生の 久々守秋人 が、夏目と卓球と出会い、卓球の美しさに惹かれ、卓球にすべてを懸けていく物語

 

主人公の久々守秋人 は難病にかかっているんです

けれど秋人は絶望しない

卓球と出会ったことで、青春を、人生を、すべてを懸けてでも高みへ到達したい

そんな強いおもいを胸に、卓球に打ち込んでいくんです

 

秋人は、これから、記憶を失ってしまいます

だからこそ、自分の知らない世界を知ることに、素直で貪欲であり、気持ちは新鮮なんです

「青色ピンポン」は、スポーツの熱血さと、主人公の繊細な気持ちのタッチが絶妙で、ほかに比べられない素晴らし漫画になっています!

 

この記事では、「青色ピンポン」のあらすじや感想、おもしろい点など、「青色ピンポン」の魅力を紹介しています!

 

もちろん、まだ読んでいない方のためにも、重要なネタバレはなしでいきます(じゃっかんのネタバレはご容赦ください!)

 

ぜひ最後まで見ていってください!

 

あわせて読みたい

【2021年版】努力したくなる・元気になれる漫画ランキング4選

こんにちは、とーまです( @toma_blog10 )です!   さっそくですが、今回の記事では、 努力したくなる・元気になれる漫画漫画ランキングをご紹介していきます!   世の中 ...

続きを見る

 

 

 

【青色ピンポン】ネタバレありの評価~感動の卓球物語~

 

 

「青色ピンポン1巻」の概要とあらすじ

作者 音羽さおり
連載 コミックブル
出版社 講談社
出版年 2020/5/15

 

たとえ、ぜんぶ忘れても残るものがほしい。だから俺は卓球を選んだ

主人公・秋人が高校進学を期に、夏目と出会い、彼の卓球が美しいと感じ、憧れたをもつようになる

 

夏目の卓球のすごさ、かっこよさに惹かれ、初心者である秋人は、卓球を始めることを決意

初心者ながら、厳しい練習に食らいつき、練習をしまくる秋人

 

しかし、久々守が練習に常人以上の熱を入れるのには、『ある重要な理由』がありました

 

その理由とは記憶の喪失

 

今を生きるために、後悔しないために、秋人は練習に励みます

日頃の練習や、先輩たちとの対戦で、初心者の秋人は、徐々に成長していく! そんな物語です

 

 

「青色ピンポン1巻」の評価

「あらすじ」を見れば分かるとおり、この漫画は、高校卓球のはなし!

「青色ピンポン」をよんだ、私の感想は、以下の通り!

  • 久々守秋人は素直で努力家、さらに熱血!
  • 刺々しい性格の夏目が、久々守秋人の努力を認めていく様子が良い!

 

「青色ピンポン」では、卓球の技術の話はあまりでてきません

この漫画のおもしろポイントは、初心者・秋人が、誰よりも努力する過程にあります!

 

熱血で素直な主人公・久々守秋人

エースである夏目の卓球のすごさを目の当りにし、卓球部への入部を決めるシーンがあります。

他の漫画だと、入部するまでに、何かしらの衝突やいざこざがある場合が、多々あります。

「青色ピンポン」の場合も、先輩でありエースの夏目の嫌味な態度に、秋人は苛立ちを覚えたりするシーンがあり、

 

入部前に、卓球勝負でもするのかな~?

 

と、考えたりしました

しかし、違った

夏目に「はっ! 俺の卓球のすごさにビビったか!」と煽られても、主人公の秋人は、「うん、すごかった。俺・・・あんたの卓球見れて良かった。入部する」と、嫌いな夏目にも、素直に実力を称賛する素直な一面を見せます

高校スポーツ漫画のはいりとして、完璧だと思いましたし、秋人に好感を持て、その後の話を読む活力になりました!

 

やはり、主人公が、変に尖っていなくて、素直な性格だと、読んでいてストレスが無いですね

 

この秋人は、周りが引くレベルで練習に打ち込みます

練習を指導するマネージャーからも「こいつ、こんな整った顔立ちをして、超熱血だった!!」と驚かれます!

この秋人が、とにかく素直で、真剣で、ものすごい努力で、卓球に打ち込んでいくんです!!

 

この姿をみた私は、

自分は全力で今を生きているのか?

と、自分に問いかけました

努力をするエネルギーをもらえますね!

 

引用:「青色ピンポン」著:音羽さおり

 

 

憧れの 夏目 との対戦

憧れの夏目との対戦!

ここでは、夏目の戦い方や考え方に焦点が当てられます! 

 

夏目は、秋人の努力する姿を見ているので、確実に彼を認めています

そのうえで、秋人に卓球を教えるのは、地味な卓球をする自分ではないと、思っています。夏目は秋人にも、自分を参考にするなと言います!

 

ここが夏目に足りないことです

 

自分が地味な卓球をすることを自覚しているので、自信やエースの自覚が足りなかったのです

しかし、久々守は「夏目の卓球はきれいで、努力が見える

だから俺はあなたの卓球が良い」と言います

 

夏目は、自分の努力の結晶を見て、憧れを持つ久々守という存在に気付いたんです

 

この出来事が、夏目に自信をつけるきっかけとなりました

 

素直な秋人により、夏目にいい影響を出す!

互いに成長していく姿、青春、という感じで、良い味をだしています!さいこー!

引用:「青色ピンポン」著:音羽さおり

 

 

青色ピンポン2巻情報

2021 / 01 / 15 に「青色ピンポン」2巻が発売されましたね!

その春、久々守秋人は高校入学を控えた15歳だった。 徐々に記憶を失っていく病におかされた秋人は、理心高校の2年生・夏目遥と、彼の身体に刻み込まれた“卓球”に出会った。 「美しいと思った」「どうしても欲しいものができた」…。だって、脳がすべてを失っても、肉体は“それ”を忘れない。だから、これは。 すべてを懸けるに値する出会いだった━━。
決して忘れ得ぬものを手に入れるため、初心者・秋人の挑戦がはじまる。

徐々に記憶を失っていく病におかされた少年・久々守秋人は、高校入学前に出会った夏目遥に憧れて、強豪・理心高校卓球部に入部した。練習は厳しかったが、秋人にはそれがなにより嬉しかった。軋む筋肉が、悲鳴をあげる肺が、拍動する心臓が教えてくれたから…『この身体はまだ、生きているのだと──』。そして始まった部内対抗戦、記憶に異変を感じ始めた秋人を魅入られたように見つめる影があった…。

引用:Amazon.co.jp

 

 

まとめ:【青色ピンポン】ネタバレありの評価。感動する卓球物語!

今回は「青色ピンポン1巻」のあらすじ・感想・見どころ情報をまとめました!!!

いかがでしたでしょうか?

記憶をなくしていってしまうという病、それに向き合う秋人

記憶をなくす前に、卓球への情熱と、夏目への憧れを胸にひめ、全力で駆け抜ける!

 

前へ進む勇気をくれる漫画です!

 

この記事では、「青色ピンポン」の評価や、見どころ、感想、をまとめました

ぜひ一緒に漫画の感想などを言い合えたら嬉しいです!!!

 

 

 

 

あわせて読みたい

「久保さんは僕を許さない」の登場人物まとめ【ネタバレあり】

こんにちは、とーまです( @toma_blog10 )です!     この記事では、「久保さんは僕を許さない」の登場人物 をご紹介していきます!     「久保さんは僕を許さない」 ...

続きを見る

 

 

「青色ピンポン」 を無料で読むならこれ!

U-NEXT

✔映画、アニメ、漫画、書籍もU-NEXT 1つでOK
✔見放題作品数NO.1
✔マンガの購⼊は最⼤40%ポイント還元
✔毎月貰える1,200円分のポイント

  • 動画と漫画を同時に楽しめます。
  • 登録すると貰えるポイントでマンガ1巻を無料で読めます

U-NEXTの無料登録はこちら

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば料金は発生しません

 

 

 

 

© 2021 toma's Blog