「バクマン4巻」【あらすじ&感想】無料試し読みの方法も紹介!

 

既刊紹介のコーナー! ここでは連載中 or 完結した作品のあらすじと感想を載せています

★ なるべくネタバレ無しで進めていきますが、前提として前巻までの内容を含みますので、その点はご注意下さい

もしも今巻の重大なネタバレを含む場合は、【ネタバレあり】と表記しますので、「ネタバレ見たくないよ」という方はご安心ください!!!

 

今回ご紹介するのは「バクマン4巻」です!

 

・「バクマン4巻」を買おうかな・・・?

・「バクマン4巻」を無料で読む方法とかあるかな??

 

これらの悩みを解決する内容になっています

✔今回の記事を読めばわかること
・「バクマン4巻」の簡単なあらすじ
・「バクマン4巻」の重要ポイント

では作品紹介から始めていきます!

作品紹介

 


■ 作品名:バクマン
■ 著者:大場つぐみ&小畑健
■ 発売日:2009年8月
■ 出版社 (掲載誌):週刊少年ジャンプ
■ ページ数:193
■ ジャンル:青春ストーリ、漫画家サクセスストーリ

□ サブタイトル
第26話 2人と1人
第27話 策士と騙し
第28話 協力と条件
第29話 文学と音楽
第30話 団結と決裂
第31話 火曜と金曜
第32話 電話と前夜
第33話 ありとなし
第34話 追う者と追われる者 


 

 

「バクマン4巻」のあらすじ

「迷走」

2人組の亜城木夢叶

阿吽の呼吸を見せていた2人だったが、2人の中でスレ違いが生じ、ついには別々の道を歩むことになってしまう

事情をなんとなく察した編集者の服部は、なんとか2人がまたコンビを結成させるために奔走

その服部の影響、そして2人がお互いを見つめ直したことで、2人は再度コンビとなり、服部に対して、あるネームを提出する

 

「亜城木夢叶のこれから」

完成したネームの面白さに驚く服部

この漫画で連載会議に出してほしいと頼む最高と高木だが、まだ2人が高校生ということもあり、服部は渋る

そんな服部はある条件を出し、それをクリアすれば連載会議に回すと約束

ある条件とは、近未来杯で読み切りを出し賞を取ること、2週間に1本ペースで漫画を仕上げることだった

「金未来杯とライバル」

近未来杯にエントリーするのは、亜城木夢叶だけではない

福田という情熱溢れる青年、蒼樹紅というファンタジーモノを書く女性など、ライバルとなる漫画家の卵たちもいた

いざ、近未来杯が始まり、結果にドキドキする漫画家の卵たち

果たして近未来杯は誰の手に・・・!

 

 

>>口コミをAmazonで確認する

「バクマン4巻」のレビュー / 感想

高木と最高のコンビは解消してしまった今巻

だが決して仲が悪いからではなく、お互いに本気で漫画に向き合っているからこその結果なので、なんとも言い難いですね。

けれど2人が考えていた漫画の内容がほとんど同じということで、「いやいや。仲が良すぎて通じ合っているじゃん!」って思いましたね。

コンビは一時的に解散しても、やはり高木と最高はコンビになるべくしてなった2人なんですよ。きっと!

そして連載への切符を、なんとか取ろうと漫画作りに励む2人

この描写からは何かに本気で取り組むカッコよさと姿勢に刺激を受けます

あと!何といっても良かったのが、ライバルと切磋琢磨していく様子ですね

一見すると、険悪なムードにも見て取れそうですが、それはお互いに漫画に本気だから、負けたくないからという覚悟があるからです

互いの漫画の凄さを理解しながらも、自分の漫画は負けていない

そんなライバルが登場することで、少年漫画の胸熱な展開に、こちらも手に汗握る感覚になりました

 

以上で、今回の記事は終わります! 本記事では「バクマン4巻」のあらすじ・感想・見どころ情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

この漫画の魅力が伝わってくれたら幸いです!皆さまのご意見や感想があれば、ぜひ教えてくださいね! TwitterのDM ( @nc7bddaed7jt5at) にでもご連絡ください!

 

 

忙しい方はAmazon Audibleを活用すれば、通勤中に音楽の代わりに書籍が効けますよ!

Audibleの登録はこちらから

 

この記事を読み、

 

「バクマン4巻」が気になってきた!もっと知りたい!

 

という方は、次章で「バクマン4巻」の 無料試し読みの方法を載せてあるので、確認してみてください!

 

 

試し読み

【ebook Japan】

▼60万冊を超える冊数がある国内最大級の電子書籍販売サービス。クーポン or 漫画が当たるくじを毎日実施中

【コミックシーモア】

▼ 豊富な無料立読みに加え1巻まるごと無料のマンガも多数!SALEも毎日実施!

 

 

 


来てくださり、ありがとうございます!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

もし「この記事が面白い」と感じて頂けたら、上のリンクをクリックしてもらえると嬉しいです!

あなたのクリックが、私の励みになります。

 

 

 

© 2022 toma's Blog