「バクマン3巻」【あらすじ&感想】無料試し読みの方法も紹介!

 

既刊紹介のコーナー! ここでは連載中 or 完結した作品のあらすじと感想を載せています

★ なるべくネタバレ無しで進めていきますが、前提として前巻までの内容を含みますので、その点はご注意下さい

もしも今巻の重大なネタバレを含む場合は、【ネタバレあり】と表記しますので、「ネタバレ見たくないよ」という方はご安心ください!!!

 

今回ご紹介するのは「バクマン3巻」です!

 

・「バクマン3巻」を買おうかな・・・?

・「バクマン3巻」を無料で読む方法とかあるかな??

 

これらの悩みを解決する内容になっています

✔今回の記事を読めばわかること
・「バクマン3巻」の重要ポイント
・「バクマン3巻」のあらすじ

では作品紹介から始めていきます!

作品紹介

 


■ 作品名:バクマン
■ 著者:大場つぐみ&小畑健
■ 発売日:2009年6月
■ 出版社 (掲載誌):週刊少年ジャンプ
■ ページ数:187
■ ジャンル:青春ストーリ、漫画家サクセスストーリ
 

□ サブタイトル
第17話 バトルと模写
第18話 ライバルと友達
第19話 デビューと焦り
第20話 未来と階段
第21話 壁とキス
第22話 邪魔と若さ
第23話 天狗と親切
第24話 ノートとキャラ
第25話 嫉妬と愛



 

 

「バクマン3巻」のあらすじ

「王道バトル漫画」

邪道の限界を感じた高木と最高は、編集の服部さんには黙って、王道のバトル漫画を書くことに

対して後のライバルである新妻エイジは、編集部が想定していた連載漫画とは別の内容の漫画を書いていたのだ

「新妻エイジ」

編集部で最高と高木、服部が漫画の方向性について激しい口論を繰り広げている時、違う漫画を書いた新妻エイジが編集部に。

そして真城と高木の前で、漫画を書き始めた

その圧倒的な才能に、服部は王道を諦めてくれるだろうと思ったが、2人はがぜんやる気になり、結局半年以内に服部が満足するような王道バトル漫画を書ければ、服部はいう事を聞くと約束をする。

「2人のスレ違い」

高木と最高は、今後どのような漫画を書けば連載できるのか、悩みまくる時期に突入します。

王道で勝負するため、高木の話ができるのを待つか、そんな高木は見吉と・・・

「ライバルの新妻エイジの元で修行」

高木の話ができるまでの間、最高は自分の画力を高め、次作のヒントを得ようと、新妻エイジのアシスタントをすることに!

そこには新妻エイジを始め、刺激的なメンバーがいた。

漫画について熱く語る最高。その中であるヒントを得た。

 

「バクマン3巻」のレビュー / 感想

ライバル・新妻エイジと、亜城木 夢叶が対面。特に真城がライバル心を隠そうともせず、新妻エイジを見ているのは燃えましたね。怖気づくことない真城の本気度が伺えます。

新妻エイジはその真城の眼差しを見て、亜城木がライバルになるのだと直感として感じているのは良いですね。ここから両者の戦いが始まるぞって、スタートが切っておろされた感じがあり、少年漫画を読んでいる時に発症する、心が熱くなる現象が起きました!

 

連載したい!その強い想いのせいで、高木と最に徐々にスレ違いが起きてしまう。これは歯がゆいですね。互いに本音が言えていない不器用さを感じます。

新妻エイジの元でアシスタントをして何かを得ようとする最高。

今勢いのある新妻エイジから盗めるものは盗もうという気概は尊敬します。自分に足りないものですから(笑)

この2人には早く連載をしてほしいと応援しちゃいます!

 

次巻では今後、何の漫画を作っていくか2人の意見がぶつかり、形になっていくことに期待です。

 

以上で、今回の記事は終わります! 本記事では「バクマン3巻」のあらすじ・感想・見どころ情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

この漫画の魅力が伝わってくれたら幸いです!皆さまのご意見や感想があれば、ぜひ教えてくださいね! TwitterのDM ( @nc7bddaed7jt5at) にでもご連絡ください!

気になった人は、下記で「バクマン3巻」の無料試し読みの方法を載せてあるので、「もっと知りたい!」という方は確認してみてください!

 

 

試し読み

【ebook Japan】

▼60万冊を超える冊数がある国内最大級の電子書籍販売サービス。クーポン or 漫画が当たるくじを毎日実施中

【コミックシーモア】

▼ 豊富な無料立読みに加え1巻まるごと無料のマンガも多数!SALEも毎日実施!

 

 

 


来てくださり、ありがとうございます!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

もし「この記事が面白い」と感じて頂けたら、上のリンクをクリックしてもらえると嬉しいです!

あなたのクリックが、私の励みになります。

 

 

 

© 2022 toma's Blog