『くちべた食堂』1巻レビュー|食堂を通じた癒し?! すべての社会人へ届けたい1冊!【ネタバレ】

こんにちは、とーまです( @toma_blog10 )です。

本作では、『くちべた食堂』1巻についてレビューしていきます。

 

この記事をおすすめしたい人

  • 『くちべた食堂』ってどんな漫画か知りたい
  • 食堂を舞台にした漫画を読みたい!
  • 美味しそうな料理を、幸せそうに食べる漫画が読みたい!

という方向けに、

『くちべた食堂』のあらすじ、魅力をお伝えしていきます!

美味しそうな料理、それを幸せそうに食べる人、食堂の雰囲気が好きな人にとっては、好きになる一冊です。

 

本作を読んで、日常の癒しを感じてみませんか?

 

『くちべた食堂』の概要&あらすじ【ネタバレ】

漫画『くちべた食堂』は、梵辛先生による、web連載漫画です。

作者様がTwitter(@sokusekimaou)にて、漫画の一部をUpしておりますので、気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか?

かく言う私も、Twitterにて漫画を知りました!

 

本作を手に取った理由

  • キャラクターの表情が好みだったのが1つ。
  • 舞台のくちなし食堂にハマった社会人のお姉さんがいるが、彼女の上手そうな感じ・・これが良い。
  • 自分も働きだしたから分かる。美味しいお昼は幸せになるし、当たりのお店に通う気持ちも分かる。共感できた。

 

あらすじ

5年間、入りたいと思ってもなかなか定食屋さんに入れなかったお客さんと

入ってほしいと願いつつも、なかなか入ってもらえなかった、ほんの少しお客さんの少ない定食屋の店員さん。

心の声はダダ漏れですが、お互い色んな意味で好意を伝えきれません。

じれったいふたりの関係は、友情? それとも・・・?

※引用:Amazon.co.jp

 

 

というように、物語の舞台は食堂の「味処くちなし」

その食堂を切り盛りしているのが、女性定員のくちなしさん。

 

彼女にある悩みがありました。

それはお昼時に食堂前を通り、スルーされ続けているお客さんがいること。

お客さんの名前は「柳」

食堂の近くに住んでいて、教師の仕事をしている女性でした。

 

ある時。

ふとしたきっかけで、ようやっと味処くちなしでお昼をとった柳。

その味、そして定員のくちなしさんの人柄に惹かれ、お昼に通いまくります。

しかし、タイトルにもある通り、お互い ”くちべた”

 

素直な思いを、なかなか伝えられないが・・・2人はお昼を通じて、交流していきます!

その、不器用な過程だったり、互いの「心の声」が面白かったです。

『くちべた食堂』のおすすめポイント!

こちらでは、『くちべた食堂』を読んで感じた事を、紹介します。

私も、おんなじ気持ちになりたい!

と、読者様の参考になれば嬉しいです。

味だけではなく、定員さんの愛嬌も最高な味処くちなし

お客の柳先生の気持ちに共感しました。

 

仕事のある平日のお昼時は、自分に合った最高の場所でゆっくりしたい、そう、柳も私も思っています。

その点、味処くちなしは最高。

味も美味しいし、定員さんの愛嬌も抜群で、柳にとっては惜しのお店になりました。

 

こんなお店、私も見つけたいなぁ。とそんな気分。

 

今度から、お店でご飯を食べる時、味だけじゃなく、お店の雰囲気も感じ取ってみたくなりました!

味、雰囲気・・・なども含めた外食なんですね!

まとめ:『くちべた食堂』【ネタバレ】

いかがでしたか?

 

本記事では、漫画『くちべた食堂』について書きました。

Twitterで知りましたが、買って良かった漫画です。

題材も素晴らしいですが、なにより、キャラクターの表情も好きな作品でした!

 

梵辛 KADOKAWA 2021年12月10日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

 


来てくださり、ありがとうございます!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

もし「この記事が面白い」と感じて頂けたら、上のリンクをクリックしてもらえると嬉しいです!

あなたのクリックが、私の励みになります。

 

 

 

© 2022 toma's Blog