【キャラ解説】漫画『おとなりに銀河』の魅力あふれるキャラクターまとめ

おとなりに銀河、キャラクター
アニメ化も決まった『おとなりに銀河』には、どんなキャラクターが登場するんだろう?!

その疑問を解決します!

漫画紹介ブログを日々運営する私が、『おとなりに銀河』のキャラクターの魅力をかみ砕いてまとめました。

本編のネタバレ無しで、キャラの魅力だけお伝えするので、どんなキャラクターが登場するかだけ知っておきたい人には有益です。

 

自分好みのキャラクターが登場するか、きっと分かる事でしょう!

ではさっそくどうぞ!

『おとなりに銀河』の登場人物一覧

おとなりに銀河、キャラクター

『おとなりに銀河』は『good!アフタヌーン』の2020年5月号から連載されている作品です。作者は「雨隠ギド」先生!!

テレビアニメが2023年4月より放送する予定です。

 

そんな『おとなりに銀河』の主要キャラクターの一覧は下記の通りとなります!

久我一郎 高校卒業後に漫画デビュー。妹と弟を大学に行かせるために働いている。
五色しおり とある島の姫で、一郎の漫画が好きで、アシスタントとして参加する。

次章でもっと詳しく解説していきます!!

 

本作のあらすじ紹介記事もCHECK

おとなりに銀河、あらすじ
【おとなりに銀河】ネタバレありのあらすじ・魅力徹底解説|ほのぼのいちゃラブ!!

続きを見る

『おとなりに銀河』のキャラクター解説

おとなりに銀河、キャラクター

簡単なあらすじ

売れないマンガ家の久我一郎と、敏腕&美貌の超神アシスタント・五色さんの恋模様!

幼い妹弟を養うため、マンガ家として頑張る久我一郎。

しかし、五色さんは実は宇宙から流れ着いた異種族の姫だった……

「わたしは、とある王族の姫。
あなたと婚姻関係の契りが結ばれた」と宣言されてしまう!

恋愛初心者ふたりの、“契約”から始まる新婚ラブコメ、開幕!

『おとなりに銀河』の登場人物①久我一郎

本作の主人公で、年齢は23歳。

両親は離婚していて、一郎たちは父親に引き取られた

高校卒業後という若い時期に、漫画家としてデビューするも父親が亡くなったため、原稿料と残されたアパートの賃貸料で妹と弟を大学に行かせるまでコツコツと働くことを決意しています。

父親が遺したアパート家賃収入と漫画の印税で、妹と弟を養うため大家兼漫画家として日々頑張っている状況です。

別居している母親は、新しい生活があり、金銭的な援助は断られています。

家族想いで、自分よりも他人を優先してしまう優しい性格。

責任感が強く、非常に努力家という一面がありますが、人に頼むのが苦手で、一人で抱え込んで頑張ってしまいます。

しかし、五色さんがアシスタントとしてやって来てから、彼女を頼ることになりました。

最初は少年漫画を描いてたけど、少女漫画のほうが向いてると編集から言われ、現在は少女漫画を書いています。

『おとなりに銀河』の登場人物②五色しおり

本作のヒロインで、一郎の漫画アシスタントとしてやってきた女性。

ものすごく美人だが、不思議な雰囲気の女性です。

性格も穏やかで、丁寧な口調で、真面目でまっすぐな性格でもあります。

アシスタントが初めてだけど、速くてうまくて丁寧な仕事で、一郎からは神アシスタントと言われています。

しおりは、喚姫島(よびじま)という島のお姫様で、宇宙から流れ着いた流れ星の民の姫でもあります。

どういうことかと言うと、しおりの祖母が、隕石と共に来た微生物のようなものと寄生(同居)し、祖母が姫として喚姫島を治めました。

孫であるしおりにも、祖母の力(宇宙の力)が宿り、姫としての立場も受け継がれました。

また身体にも影響があり、しおりには尻尾が生えています。

ずっと島にいたので、世間知らずな面があるようです。

島にいた時、本好きの祖母の蔵書を見せてもらい、漫画もその時に読み、物語に触れ、漫画に惚れこんだという経緯があります。

漫画から自由な恋や人生の素晴らしさを学び、自由な恋愛に憧れて島を出る決意をしました(島にいると親の選んだ相手と結婚させられるから)。

漫画愛が大きく、漫画制作の意欲は非常に高い。

祖母の蔵書の中には、一郎の漫画もあったそうです。

しきたりで棘でつながれたものと婚姻関係が結ばれるが、誤って、一郎に尻尾を刺してしまい、婚姻関係を結んでしまう。

しおりの尻尾に刺されると、強制的に契約が発動してしまい、刺された相手は姫であるしおりの支配下に入ってしまう。

契約によって、一定の距離が離れたり、しおりが不快・悲しいなどの負の感情を覚えたりすると、一郎に罰が下ってしまいます。

罰の内容は、体調が著しく悪くなったり、くしゃみ、鼻血など。

このように、しおりは、人に負荷や罰を与えてしまうのが辛く、誰かと愛情を分かち合えないのかと悩んでいます。

一郎と一緒に過ごしていく中で、徐々に行為を抱き始め、これは恋だと自覚し、一郎と両思いになって付き合うことになる。

『おとなりに銀河』の登場人物③まち(妹)

一郎の妹。

幼いが、仕事で忙しい兄を心配したり、新しく入居してきたしおりを案内したりなど、面倒見のいい性格。

母、父がいないぶん、一郎やふみおを大切に想っている。

いつも、ふみおと一緒にいる。

一郎が倒れてしまった時は、誰よりも心配して落ち込んでいた。

『おとなりに銀河』の登場人物④ふみお(弟)

一郎の弟。

無口であまり喋らない。

いつも、まちと一緒にいる。

一郎に懐いている。

『おとなりに銀河』のキャラクター解説まとめ

『おとなりに銀河』は恋愛漫画の要素が強めです。

さらに、ヒロインが自分と向き合いつつ、夢に向かって努力を重ねていく姿が、とっても魅力的!!

読んでいて、ヒロインの五色さんのファンになりました(笑)

 

気になった方は、ぜひお手に取ってみることをおすすめします!

 


来てくださり、ありがとうございます!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

もし「この記事が面白い」と感じて頂けたら、上のリンクをクリックしてもらえると嬉しいです!

あなたのクリックが、私の励みになります。

 

 

 

© 2024 toma's Blog